美容外科看護師を目指すあなたに贈る~実際の選考の流れとは~

エーゲ海の風景

皆さんこんにちは。
さて、今回の記事では実際に求人に応募して採用されるまでの流れや、その対策についてお話していきたいと思います。

 管理人は美容クリニック勤務時代人事の担当となり、新人看護師さんの面接や採用の決定に関わるお仕事をしていました。そんな経験から、皆さんにアドバイス的なお話をしていけたら良いなと考えています。
お時間がある方は是非お付き合いくださいね。

美容クリニックでの採用までの流れって一体どんなものなのでしょうか?
早速一緒に見ていきましょう!!

美容クリニック看護師の選考の流れ

美容クリニックでは主に履歴書、職務経歴書、筆記試験、面接の4つの要素から採用者を決定します。クリニックによっては小論文のテストがあったり、体験で3日間くらい研修を行って看護技術をテストするクリニックもあります。

基本的には1次試験で履歴書と職務経歴書によって書類選考を行い、2次試験で筆記試験と面接を同時に行うという流れになります。面接は2次面接までする病院もあれば、1回の面接で採用者を決定する病院もあります。

履歴書について

履歴書は看護師さんでも皆さん1度は書いたことがありますよね?
履歴書はその人がどういった経歴の持ち主で、どのような資格や強みを持っているか知るための重要なツールです。

たかが履歴書1枚、されど履歴書1枚。履歴書一枚見るだけでその人がどういった人物か人事担当者は大体わかります。

職務経歴書について

職務経歴書と聞いて皆さんはピンとくるでしょうか?
もちこは初めて転職するときは意味が分からず、Google先生のお世話になりました。

インターネット職務経歴書とは簡単に言うと、これまでのお仕事の経歴をまとめた紙のことです。履歴書のように決まったフォーマットの用紙も文房具屋さんやコンビニなどに売っていますが、今時は自分でパソコンで作ってくる方のほうが多いです。

自分でパソコンで作ると少し手間はかかりますが、それだけで最低限パソコンが使えるということが採用担当者に伝わるというメリットはあります。パソコンに強い人の中には、エクセルやワードのスキルを駆使した、必要以上に美しい職務経歴書を提出してくる人もいます。

でも、いちばん大切なのは職務経歴書の中に書いてある中身ですので、無理な人は頑張ってパソコンで作らなくても大丈夫です。

筆記試験について

筆記試験については、出題される問題の内容や量は病院によって様々です。
一般常識(漢字や簡単な英語、時事問題など)を問うものが多いですが、看護技術に関することを問題にしてくる病院もあります。

事前に調べればある程度出題内容が分かることも多いので、転職コンサルタントにも情報収集してみましょう。出題内容が全く分からない場合は、一般常識と看護技術について軽く勉強しておくと良いですね。

面接試験について

面接試験についてはどの病院でも必ずあります。面接についてはこれまでの人生で皆さんも何度も受けたことがあることでしょう。

美容クリニックの面接試験では時に圧迫面接が行われることもあります。面接についても事前の情報収集が大切ですが、情報が取れたらしっかりと対策をして万全の状態で臨むようにしましょう。

まとめ

グーサイン今回は美容クリニックでの選考の流れと、大まかな項目について確認してきました。
皆さんの予想通りの選考内容だったと思いますが、どれも対策をしっかりすることで劇的に印象が良くなります。

次回からの記事でひとつひとつの項目について、その対策を詳しくお話していきますので、是非チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!