損しないために!看護師の退職後の手続き④雇用保険の手続き

ポイント

退職した看護師さんの中で、次の就職先が決まっていない方には、雇用保険(失業給付金)が支給されます(*^▽^*)

色々と受給するための条件があるので、早速一緒に見ていきましょう!

雇用保険(失業給付金)をもらうための4つの条件

①離職前の2年間のうち、11日以上勤務した日が12か月以上あり、雇用保険加入期間が1年以上ある事
⇒病院の倒産や解雇などの理由で失業した場合は、離職前1年間に被保険者期間が6ヶ月(各月11日以上勤務)あればOK!

②離職して被保険者の資格を失ったことが確認できること

③失業状態である事(積極的に働きたいという意志と、看護師として働く能力はあるけど、求職活動をしているのに就職できない失業状態)
⇒建前上はただしばらく休みたいから失業中というのはダメです(ノД`)・

④ハローワーク(職業安定所)に行って、求職の申し込みをしている事

以上4つの条件に当てはまれば、失業給付金を受給できます(^^♪
何だか難しそうですが、①②はほぼ全員の看護師さんが当てはまりますし、③④はハローワークに行って求職の意思を示せばOKなので、ほとんどの看護師さんは受給資格があります

では、次にどのような手続きをすれば雇用保険(失業給付金)がもらえるのかをチェックしていきましょう☆

こもれび②

雇用保険(失業給付金)をもらうまでの流れと手続き

①ハローワークに行く

退職した病院から離職票が届いたら、なるべく早くハローワークに行きます。
持参するものは、

離職票 
雇用保険被保険者証(これも退職した病院から発行してもらえます)
住民票または運転免許証
印鑑
通帳
証明写真(3×2.5㎝)

です(^^)/
ハローワークに行ってこれらの書類を提出し、求職の申し込みも同時に済ませます。 
ハローワークにある求職票に希望職種、給与などを記入して提出します。

求職票が受理されれば受給資格が決定します。(この日から7日間は待機ということで給付の対象から外れます。この期間中はアルバイトなどは厳禁です。)

また、自己都合で退職した看護師さんには「給付制限期間」というものがあって、3か月は失業給付金が受け取れません。この期間は軽いアルバイトはOKです!

手続きが終わると、次のステップ受給者説明会の日時の案内やしおりが手渡されますので受け取って帰ります。

②受給者説明会

待機の終了から数日後に受給者説明会が設定されます。
ここで給付までの流れや手続きなどの説明が行われます。

受給者説明会に出席すると「受給資格者証」と「失業認定申告書」が渡されますので大事に保存しておきましょう☆

③失業認定日

通知された認定日にハローワークに行き失業認定を受けます。 
失業認定後は数日で初めにもっていった通帳の口座に失業給付金が振り込まれます。

その後は4週間ごとにハローワークに行き、求職活動の報告をしていきます。

OK

失業給付金をもらえる日数と金額

◆失業給付金をもらえる日数

自己都合退職の場合は勤続年数10年未満の看護師さんで90日、10年以上の看護師さんで120日となっています。
(病院の倒産などの場合は年齢と勤続年数によって異なりますが90日~330日です)

つまり、先ほどの流れでご説明したように、受給前に3か月間は給付制限の期間があるので、実質もらえる期間は退職後3か月~7ヶ月の間の3か月~4ヶ月間という事になります(*´з`)

正直微妙ですよね。笑
少しゆっくり休みたい看護師さんは半年くらいお休みした方が、失業給付金がまるまるもらえてお得ですね☆

◆もらえる失業給付金の金額

失業給付金の金額の計算は年齢と勤続年数によって異なります。

まず、病院に勤めていた頃の日給を計算します。

退職前6か月間の給与の合計(賞与はのぞく)÷180

もらえる失業給付金の日額は上記で算出した日給の60~80%です。
このパーセンテージは年齢と年度によって異なるのでハローワーク行ったときに確認しましょう。

看護師さんなら月に10万円以上はもらえる方が多いと思うので、結構お得ですよね(*^▽^*)

1万円札!!

雇用保険(失業給付金)受給中に就職が決まった場合

私だったら失業手当もらってる途中で就職しませんが笑
もし急募ですごく良い病院が見つかったりして、就職した場合について一応書いておきますね♡

当然ですが、再就職が決まった時点で失業給付金の支給は打ち切りです。

でも、安心してください!
再就職手当が支給されますよ(*^▽^*)

再就職手当についても受給の条件はありますが、失業給付金の50~60%が支給の残日数分もらえます。

ただし、給付残り日数が3分の1をきっていると受給できませんのでご注意を(^▽^;)

再就職先が決定したらすぐにハローワークに連絡するようにしましょうね♡

最後までお読みいただきありがとうございました!

⇒ホームに戻る

関連記事