美容外科看護師のお仕事ー私にできる?薬品などの在庫管理・発注

フラワーバスケット

あなたはバイトとかで、何か在庫管理とか発注のお仕事したことありますか??

私は大学時代ソフトクリーム屋さんでバイトしていたので、牛乳やフルーツなどの在庫管理や発注やってました!!ちなみに最後売上をしめたりせねばならなかったので、そういうののやり方もほんわり知っています(〃ノ∀`〃)

大学時代勉強しないでバイトばっかりやってて良かた…。

…ってそんなわけあるかい(#`Д´)ノ

これを読んでる、まだ学生さんのあなたは、しっかり看護のお勉強を頑張って素晴らしい看護師になってくださいね☆


さてさて、今回はですね!!薬品や医療用品の在庫管理・発注のお話をしていこうと思うのです。

一般病棟に勤めていると常備薬などの数の管理はしていても、発注まで看護師がする機会はほとんど無いですよね?

美容整形外科だけでなく、内科などのクリニックでも在庫管理や発注は看護師がしている場合も多いので、そのお仕事について具体的に見ていきましょーーー。
サプリメント

薬品や医療用品の在庫の管理ってなにするの?

美容整形外科では薬品や医療用品の管理を看護師が行う場合が多いです。
もちろん、受付さんや事務員さんなどが行っている病院もあるとは思うのですが、薬品や医療用品を使っているのは医師と看護師なのでIN・OUTの流れがわかる人が管理したほうが管理しやすい、ということで看護師が管理しているところが多くなっています。

じゃあ、看護師が管理する薬品や医療用品とはどのようなものでしょうか?
ヒアルロン酸やボトックスなど輸入物の薬剤、日本の製薬会社と取引している一般の薬剤、手術に使う手術器具、シリンジや針、プロテーゼ、豊胸バッグ…etc様々なものがあります。
それぞれの品物で仕入れている会社が違うので、この薬品・医療用品の管理は結構大変なんです。うむ(*´・∀・)*´-∀-)

私は美容整形外科時代この在庫管理の係でしたので、病院全体の薬品・医療用品の管理を1人で行っていました。
なんで、もし何か足りないものが出てくると完全に私一人の責任になるので(プレッシャーです)、毎日注意して期限切れや在庫切れのものがないか隈なくチェックしていました。怒られるの嫌だよぅ……ヽ(´Д`)ノ!!

こうやって書くとすごく大変そうなお仕事のようですが、まぁ、実際はそうでもないので安心してくださいネ。
美容整形外科で使う薬剤や医療器具はある程度決まったものが決まった頻度で使われるので、急にあれがない!これがない!ということはめったに起きません。(ちゃんとやってれば☆)
大体このくらい余分に仕入れておけば大丈夫だな!というのが決まってくるので、あとは毎日の在庫チェックと予約帳を見て大きく減りそうな薬などがないか見通しを立てておけばへっちゃらです。


で、在庫切れよりも怖いのは期限切れのほうです。
先ほど大体使う薬剤や医療器具は決まっていると書きました。
逆に言うとほとんど使わないけどたまーに使うので置いている薬剤というのが結構あります…。

そのため、半年ぶりに使おうとしたら期限が切れてた!なんてことが出てきたりします。(本当はそんなことあっちゃダメだよ☆)

ん?じゃあ定期的に仕入れればいいじゃん?と思うかもしれませんが、使わないのに仕入れるとコストの無駄になってしまうので、あまり余分には頼めないんですよね…。
なので、対策としては使ってないお薬も定期的に期限を確認して、期限が迫っていれば先生に確認して頼むかどうか判断してもらうということになります。
これがまた結構面倒な作業で私は苦労しました。・゚・(ノε`)・゚・。
パソコンをする看護師

薬品や医療用品の発注ってどうするの?

次に薬品や医療用品の発注についてですね☆

発注っていうのは、足りなくなった物を業者さんに注文して持ってきてもらうってことですね。

薬品や医療用品がいざ足りないとなると、いよいよ発注しなければなりません。
発注はとても簡単なので慣れれば誰でも出来ますが、最初はそれぞれの品物の発注先がどれがどこだか覚えられず私はかなーり混乱した思い出があります…((o(・∀・`o)

発注は電話、FAX、メールで行います。電話で発注する際は事前に頼む商品を自分でメモに整理しておいて頼みます。FAXやメールの場合もお相手にわかり易いように整理して記述していくことが大事ですYO。


それでもって、発注の際に大切なのが値段の交渉の能力です。
取引先によって交渉できる場合とできない場合があるのですが、交渉できる場合には少しでも安く仕入れるべく交渉していきます。

例えば、「今回いつもより多く頼んでるから送料は無料にしてもらえますか?」とか「5個で○円にしてくださるなら、そちらで購入させていただこうかと思っているんですけど…」のように交渉していきます。

また、ボトックスやヒアルロン酸、メソセラピーに使う薬剤は輸入になるので時期やキャンペーンなどで結構仕入れ値が変わります。
そういった情報も定期的にチェックして安い時に安い業者さんから発注することが大切です(`・ω・´)ノ

別にノルマとかではないのでそこまで仕入れに熱意をもってやらなくても良いのかもしれませんが、任されたお仕事には全力を尽くすことが大切です。
一つ一つのお仕事で良い結果を出すことで、先生やほかのスタッフからの信頼も得られて、結果的に自分がお仕事しやすくなってきますよねヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ
看護師の本業じゃないところでも、自分なりにベストを尽くして頑張れたら良いですねー☆

ヒマワリを持つおんなのこ

薬品などの在庫管理・発注のお話まとめ

どうでしたか?
慣れるまでは大変だったりするのですが、2か月くらいで大体慣れてくるので、あなたも心配しなくて大丈夫(o ̄∀ ̄)ノ

しかも、散々話したあと言うのもなんですが、在庫管理や発注のお仕事は美容外科で働いたとしても必ずやるお仕事ではないデス☆

もし任された場合あたふたするかもしれないお仕事なので、まぁ一応、記事にしてご紹介してみました。

この仕事は地味な上に、怒られることはあっても褒められることはほぼないです((○(´Д`)○))
だがしかし、病院を運営する上で大事なお仕事なので、もし任されたら誇りを持って頑張っていきましょうネーー♡
業界最大全国12拠点の看護師求人サイト

私がお世話になった人材紹介会社さんはこちら↓

美容外科求人ガイド

↑コンサルタントさんもとーっても親切で、美容業界に詳しいので、イチオシです☆画像クリックで漫画よめます。


何度負けてもいい、のんきにじっくりとやれば必ず勝つ日が来ます。
by 北村西望

最後までお読みいただきありがとうございました (*^▽^*)